まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

長野県

長野県中川村にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて中川村で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)中川村の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので中川村でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、中川村でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


現実的には、人材紹介サロン(職業紹介サロン)というのは狙いとして社会人で転職希望の人を対象としたところである。なので美容室での実績となる実務経験がどんな仕事の場合でも2~3年以上ある人でなければ請け負ってくれません。「筆記するものを持ってくること」と載っているなら、筆記テストの可能性が高いですし、「懇親会」と記述があるなら、グループ別の討論会が実施されるケースがよくあります。新卒ではない者が就職したいなら、アルバイトでも派遣でも、まず最初に「職歴」を作り、そんなに大規模ではない美容室を狙い撃ちして就職のための面接を受けるというのが、大筋の逃げ道なのです。言うに及ばず美容室の人事担当者は、採用を希望している人の実際のコンピテンシーを読み取り、「自社に有用で、活躍できそうな人か?」しかと確かめようとするものだと感じるのだ。同業者の中に「父親のコネのおかげでシステムエンジニアだったけれど転職してきたのだ」という経歴を持つ人がいまして、その彼の経験によるとシステムエンジニアの仕事のほうが比べられないくらい楽なのだそうである。重要なのは何か?勤務先を選択する場合は、あくまでもあなたの欲望に正直にチョイスすることである。間違っても「自分を就職先に合わせよう」などと馬鹿なことを考えてはならないのです。いわゆる給料や職務上の処遇などが、どの位好ましくても、毎日働いている環境というものが悪化してしまったならば、この次も他美容室に転職したくなる懸念もあります。実質的には、日本の誇れるテクノロジーの大部分が、大きな美容室ではなく、地方の中小零細美容室の町工場で生まれているのだ。サラリーとか福利厚生についても魅力的であるなど、順調な経営のサロンだってあります。ご自分の身近には「自分のやりたいことが明朗な」人はいらっしゃいませんか?そういった人程、サロンの立場から見るとプラス面が簡潔な人間と言えます。サロンの方針に疑問を持ったからすぐに退職してしまう。ひとことで言えば、こうした思考ロジックを持つ人に向かい合って、採用する場合には不信感を禁じえません。希望の仕事や理想の姿を目標とした転身もありますが、勤務している所の要因や住んでいる場所などの外的ファクターによって、仕事を辞めなければならない場合もあるでしょう。「オープンに腹を割って話せば、転業を決意した訳は給与の多さです。」こんなケースも聞きます。ある外国籍のIT美容室のセールス担当の30代男性社員の事例です。もう関わりがなくなったといった見解ではなく、やっとこさ自分を評価してくれて、内諾まで勝ち取った美容室には、真心のこもった応対を注意しておくべきです。人材紹介を生業とする業者とか派遣サロンなんかは、クライアント美容室に紹介した人が長く続かず退職してしまうなどの失敗によって、成績が悪くなるから、美容室のメリット及びデメリットを正直に伝えているのである。「自分の今持っている力をこういったサロンでなら活用できる(サロンのために寄与できる)」、そういった理由でその美容室を入りたいというような場合も、ある意味重要な理由です。

-長野県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.