まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

茨城県

茨城県ひたちなか市にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めてひたちなか市で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)ひたちなか市の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているのでひたちなか市でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、ひたちなか市でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


多くのきっかけがあって、転職したいと望む人が多くなっています。だけど、転職すると決めたはいいけれど、就職した後の人生設計が計画と異なる場合もあるというのが実のところなのである。注意が必要なのは、人材紹介サロンとか職業紹介サロンというのは、美容室としては転職希望の人に使ってもらう美容室やサービスである。だから実際の経験がわずかであっても数年以上はないと利用できません。美容室系美容室の勤務先の環境で求められる仕事上のマナーやスキルは、日本人のビジネスパーソンとして要求される挙動やビジネス履歴の水準をひどく上回っていると言えます。現行で、さかんに就職活動をしている美容室というのが、そもそも希望美容室でなかったため、希望理由がよく分からない不安を持つ人が、今の時期は増えてきています。もう関心ないからというといった見解ではなく、なんとか自分を受け入れて、内定通知を受けたそのサロンに対しては、誠実な姿勢を肝に銘じましょう。面接選考などで、終了後にどこが足りなかったのか、ということを指導してくれる親切な美容室は普通はないため、応募者が自分で直すべきところを見定めるのは、簡単ではありません。実際知らない人からの電話や非通知設定されている場所から電話が鳴ったら、当惑する心持ちはわかりますが、一段抑えて、先だって姓名を名乗り出るべきでしょう。美容室の面接官があなた自身の表現したいことを認識できているのか否かを見つつ、ちゃんと「トーク」ができれば、採用の可能性も見えてくるのではないかと思われます。おしなべて美容室というものは働く人に臨んで、どの程度の好都合の条件で就業してくれるのかということと、なるべく早期に美容室の直接の利益貢献に導くだけの能力を、活躍させてくれるのかだけを期待しているのです。まずはそのサロンが間違いなく正社員に登用するつもりがある美容室かどうか見極めた上で、可能性をなおも感じ取れるなら、一応アルバイトやパートもしくは派遣などとして働いてみて、正社員を目論んでも良いと思います。さしあたり美容室系で勤めていた人の大勢は、元のまま美容室の経験を継承する傾向もあります。つまるところ美容室から後で日本美容室を選ぶ人は、風変わりだということです。いわゆる自己分析が必要だという相手の考え方は、自分に適した職業というものを求めて、自分自身の魅力、関心のあること、得意分野を知覚することだ。現在は成長美容室と言えども、確かに未来も揺るがない、そんなことではない。だから就職の際にその部分については十分に確認しなくてはいけない。希望の仕事やなってみたい自分を目標とした転職の場合もありますが、勤めているサロンの不都合や身の上などの外的要素により、転業しなければならない事情もあるでしょう。「偽りなく本音を言うと、商売替えを決心した動機は給料のためなんです。」このような例も耳に入ります。有名な美容室系IT美容室のセールスを仕事にしていた30代男性の例です。

-茨城県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.