まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

茨城県

茨城県にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて茨城県で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)茨城県の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので茨城県でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、茨城県でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


「就職を希望するサロンに臨んで、あなたという人物を、どのように見処があって光り輝くように宣伝できるか」という能力を努力しろ、ということが重要だ。職に就いたまま転職のための活動をするケースでは、近辺の人に判断材料を求めることもなかなか難しいものです。いわゆる就職活動に比較してみて、話をできる相手はかなり限定的な範囲の人になるでしょう。ストレートに言うと就職活動の際には、絶対に自己分析ということを実行した方が後で役に立つと教えてもらい実行してみたけれど、正直言ってこれっぽっちも役に立つことはありませんでした。「筆記するものを携行するように。」と記述されていれば、記述試験の予想がされますし、いわゆる「懇親会」と記載してあれば、小集団に分かれての討論が開催されるケースが多いです。サロンのやり方に不賛成だからすぐに辞表。つまりは、ご覧の通りの思考経路を持つ人に直面して、採用担当の人間は不信感を感じています。実際は就職活動のときに、エントリー側から応募するところに電話連絡するということはレアケースで、逆に相手のサロンのほうからの電話連絡を受けるということの方が非常に多いのです。ある日だしぬけに大きな美容室から「あなたをわが社にぜひ欲しい」などというケースは、考えられないでしょう。内定を大いに出されているようなタイプは、それだけ山ほど面接で不採用にもなっているものなのです。意外なものとして大学を卒業したときに、新卒から美容室系の美容室への就職を目指すという方もいますが、現実として大概は、日本の美容室で採用されてから、早くても30歳前後で美容室系美容室に転職というパターンなのです。私も就職活動を始めたばかりの時期は、「いいサロンを見つけるぞ」と本腰を入れていた。けれども、いつになっても採用されないことが続いて、こうなってくるともう担当者の話を聞くことでさえコワくなってしまうようになったのである。あなた達の親しい人には「自分の希望が一目瞭然の」人はいないでしょうか。そんなタイプの人ほど、サロンから見ると「メリット」が使いやすい人間であるのです。美容室説明会から関わって、一般常識などの筆記試験や個人面談と動いていきますが、それ以外にも就業体験やOBを訪問したり、リクルーターと会う等の手法もあります。大抵最終面接の次元で口頭試問されるのは、今日までの面接で既に既に尋ねられたことと反復してしまいますが、「弊社を志望した動機」というのがとても典型的なようです。何度も面接を受けていく間に、少しずつ展望も開けてくるので、基本的な考えが不明になってしまうというようなことは、ちょくちょく人々が思うことなのです。通常、サロンとは社員に対して、どれだけの程度の好都合の条件で契約してくれるのかと、早いうちに美容室の具体的収益に導くだけの能力を、奮ってくれるのかだけを夢想しているのです。バイトや派遣として獲得した「職歴」を掲げて、サロンに面接を度々受けにでかけましょう。要するに、就職も出会いの一面があるため、面接を何回も受けることです。

-茨城県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.