まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

滋賀県

滋賀県日野町にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて日野町で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)日野町の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので日野町でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、日野町でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


代表的な求人情報サイトでは、色々な雇用や美容室運営に関連した社会制度などの情報が閲覧できて、この頃では、ついに求職情報の扱い方も飛躍してきたように体感しています。「自分が今に至るまで成長させてきた固有の技能や特質を活用して、この仕事をやりたい」といったように自分にからめて、とうとう面接の相手にも論理性をもって受け入れられるのです。第一希望からでないということだけで、内々定に関する意思確認で困ることはありません。すべての活動が終わってから、内々定をつかんだ美容室からじっくりと選ぶといいのです。結局、就職活動は、面接試験を受けるのも求職者であるあなたです。それに試験を受けるのも応募する自分に違いありません。しかし、相談したければ、他人に相談してみることもお勧めです。仮に事務とは無関係な運送の仕事の面接試験では、難しい簿記1級の資格について伝えてもほとんど評価されないのだが、事務職の人のときは、即戦力がある人材として評価されるのだ。美容室系美容室で働く人は、そうは珍しくない。美容室系美容室に就職するというと、かつては中途採用のすぐさま戦力となる人を採用する印象でしたが、最近では、新卒学生を採ることに取り組む美容室も目立ってきている。サロンの基本方針に疑問を感じたからすぐに退社。要するに、ご覧の通りの考え方を持つ人に向かって、採用担当の人間は疑いの気持ちを禁じえません。例外的なものとして大学卒業時に、新卒からいきなり美容室系美容室への就職を目指すという人もいますが、当然のことながら最も普通なのは、まずは日本国内の美容室で勤めて実績を作ってから、大体30歳前後で美容室に転身というパターンが一般的なのだ。まずは就職したいサロンがリアルに正社員に登用できる制度がある美容室なのか否か研究したうえで、登用の可能性を感じたら、とっかかりはアルバイト、または派遣などとして働きながら、正社員になることを目指してみてはいかがでしょうか。電話応対であったとしても、面接試験の一部分だと意識して応対しましょう。当然のことながら、その際の電話の応対とか電話内容のマナーが上々であれば、高い評価を得られるということなのである。いくら社会人とはいえ、正しい丁寧語、謙譲語そして敬語などを使えている人が多いわけではありません。ところが、社会人なのであれば恥で終わるところが、面接という状況で間違えると決定的(この時点で不合格)に働くことが多い。大抵最終面接の際に設問されるのは、従前の面接の折に既に尋ねられたことと同じような事になってしまいますが、「志望したきっかけ」というのがずば抜けて多いようです。美容室での実際に働いた経験をそれなりに積んでいる場合、人材紹介などを行うサロンでも大いに利用価値はあるだろう。そういった新卒者ではなく、人材紹介サロンなどを介して人材を募集する場合は、確実に経験豊富な人材を求めているのである。当然、美容室の人事担当者は、真の素質について選考などで読み取って、「サロンにとって必要で、活躍できそうな人物かどうか」本腰を入れて突きとめようとしているものだと思っています。確かに就職活動の初期は、「絶対やってやるぞ」と張り切っていたけれども、続けて良い知らせがないままで、このごろはすっかり採用の担当者に会うことでさえ行きたくないと感じて行動できなくなっています。

-滋賀県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.