まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

沖縄県

沖縄県本部町にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて本部町で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)本部町の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので本部町でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、本部町でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


面接と言ったら、受けに来た人がどのような考え方をしているのかを確認することが目的なので、きれいな言葉を上手に並べることが評価されるのではありません。精一杯売り込むことが大切なのです。通常の日本のサロンで体育会系の経験のある人が望まれる理由は、言葉遣いがきちん身についているからではないでしょうか。体育会系のほとんどの部活では、上下関係がはっきりしているため、意識しなくても自分のものになるようです。やりたい仕事や憧れの姿を志向した転業もあるけれども、勤めている所のせいや生活環境などの外的な材料によって、転職する必要が生じることもあるかと思います。はっきり言って就職活動を始めたときは、「絶対やってやるぞ」とがんばっていたのに、何度も採用されないことが続いて、こうなってくるともう美容室の説明会に行く事でさえ恐れを感じてしまうのです。近年さかんに就職活動や転業目指して活動しているような、20~30代の年代の親にしてみれば、堅い職業である公務員や評判の高い大手美容室に入れるならば、最も好ましいと思っています。もう無関係だからといった見解ではなく、どうにか自分を目に留めて、内定の通知まで勝ち取った美容室には、謙虚な応答をしっかりと記憶しておきましょう。全体的に最終面接の局面で質問されることは、それまでの面接試験で既に尋ねられたことと二重になってしまいますが、「弊社を志望した動機」というのが筆頭で有力なようです。やはり成長中の業界には、めったにないビジネスチャンスに出会うことがたくさんあるのだ。それゆえ新規に事業を始めるチャンスもあれば、子サロンや関連サロンの設立に携わったり、新規プロジェクトやチームなどの責任者などを任される可能性が高くなる。つまり就職活動において、掴みたい情報は、そのサロンのイメージまたは自分の興味に合うかなど、詳しい仕事内容とは違い、職場自体を判断したいと考えての実情なのだ。是非ともこんなことがやりたいという明らかな展望もないし、あの仕事も良さそうだし、これも良さそうと迷ったあまり、ついには実際のところ何がしたいのか面接を迎えても、説明できないのである。なんとか下準備の段階から面談まで、長い道を歩んで内定されるまで到達したというのに、内々定が出た後の態度を誤認してはご破算になってしまいます。代表的な求人情報サイトの職業紹介をされた人間が、そこのサロンに入社が決まると、年齢などのファクターにより、当の美容室からまつげエクステサロンに対して紹介したことによる手数料が払われていると聞く。就職したいサロンが確かに正社員に登用してもらえる職場なのか違うのか調査した上で、可能性を感じるのであれば、一応アルバイトやパート、または派遣などとして働きつつ、正社員になることを目指していただきたい。通常、サロンとは、働いている人間に収益全体を返還してはいません。給与と比べて現実の仕事(必要労働力)というのは、なんとか現実的な労働の半分か、それより少ない位でしょう。最初のサロン説明会から列席して、筆記によるテストや就職面接と歩んでいきますが、または実習生として働くインターンシップや同じ学校の卒業生の話を聞いたり、採用担当者との面接といった接近方法もあります。

-沖縄県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.