まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

沖縄県

沖縄県与那原町にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて与那原町で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)与那原町の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので与那原町でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、与那原町でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


正直に申し上げて就職活動の際には、必ずや自己分析(キャリアの棚卸)をやっておくと望ましいと人材紹介サロンで聞いて本当に実施してみた。しかし、聞いた話とは違って全然役に立たなかった。とうとう準備の場面から面接の段階まで、長い歩みを経て内定されるまで到ったといっても、内々定の連絡後の出方を勘違いしてしまっては全てがパーになってしまう。サロンの命じたことに従いたくないのですぐに退職。ひとことで言えば、この通りの自分勝手な思考パターンを持つ人に向かい合って、採用の担当者は用心を禁じえません。たくさんの就職選考にチャレンジしているなかで、無情にも採用されない場合もあって、活動を始めた頃のやる気がどんどんと落ちていくことは、どんな人にだって異常なことではないのです。今のサロンを退職するほどの覚悟はないけど、どうにかして今よりも月々の収入を増加させたいのだという状況なら、何か資格取得だって一つの手段だろうと考えます。アルバイト・派遣を通して得た「職歴」を持って、多くのサロンに面接をたくさん受けにでかけて下さい。せんじ詰めれば 、就職もきっかけの側面が強いので、面接を受けまくるのみです。実際、就職活動の初めは、「仕事探しをがんばるぞ!」そんなふうに真剣だったのに、何回も不採用ばかりが続いて、近頃ではもう面接会などに出席することすら無理だと思ってしまうのだ。昨今就職内定率が今までで最も低い率ということのようだが、でも採用の返事を掴み取っている人がいるわけです。採用してもらえる人と採用されない人の違うところはどこだろう。色々複雑な巡り合わせによって、退職・再就職を考えているケースが増えてきている。だがしかし、転職すると決めたはいいけれど、再就職した後の人生が計画と異なる場合も少なくないというのが実体なのだ。最近の仕事の同業の人で「家族のコネを使ってシステムエンジニアから、この業界に転職してきたのだ。」という者がいて、その彼が言うにはシステムエンジニアだった頃のほうが確実に百倍も楽なのだとか。売り言葉につい買い言葉となって、「こんなサロンいつでもやめてやる!」などと、かっとなって退職を申し出てしまう人も見られるけど、こんなに不景気のときに、性急な退職は馬鹿がすることです。ひとたび外国籍のサロンで就職したことのある人の大半は、変わらず美容室の履歴を続行するパターンが多いです。言い換えれば美容室から日本美容室に就職する人は、特殊だということです。何かにつけ面接の時に薦めるものとして、「自らの言葉で話しなさい。」という表現方法を耳にすることがあります。しかし、自分自身の言葉で語ることができるという意味内容が通じないのです。面接試験と言うのは、受けに来た人がどういった特性の人なのかを確認する場なので、きれいな言葉を上手に並べることが必要だということはなく、飾らずに表現しようとする姿勢が大事だと考えます。言うに及ばず美容室の人事担当者は、エントリー者の実際の実力について読み取ることで、「自社に有用で、活躍できそうな人か?」を本気で審査しようとすると考える。

-沖縄県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.