まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

東京都

東京都日の出町にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて日の出町で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)日の出町の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので日の出町でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、日の出町でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


代表的な求人情報サイトの推薦をしてもらった場合に、そこの職場に勤務できることになると、年齢などに対応して、そこの美容室より公共まつげエクステサロンに仲介料が必須だそうです。著名美容室のなかでも、数千人の希望者があるところでは、選考にかけられる人数の限界もあったりして、まず最初に出身校などで、次へ進めるかどうかを決めることなどは現に行われているようである。売り言葉に買い言葉を返して、「こんなサロン退職してやる!」こんなことを言って、短絡的に退職してしまうような場合もあるが、こんなに不景気のときに、短絡的な退職は誤りだと言えます。一度でも外国資本の美容室で就職した人の大部分は、現状のまま美容室のキャリアを踏襲するパターンが多いです。言い換えれば美容室から日本美容室に就職する人は、極めて稀だということです。就職説明会から出席して、一般常識などの筆記試験や個人面談と順番を踏んでいきますが、他のルートとして希望する美容室でのインターンシップや卒業生訪問、リクルーターと会う等の活動方法もあります。バイトや派遣の仕事を通して育んだ「職歴」をぶらさげて、あちこちのサロンに就職面接を受けに行くべきです。つまるところ、就職も気まぐれの側面が強いので、面接を多数受けるのみです。強いて挙げれば事務とは無関係な運送といった業種の面接では、せっかくの簿記1級の資格があることをアピールしても一切評価されないけれど、逆に事務の仕事の場合は、高い能力の持ち主として評価されるのだ。外国資本の美容室のオフィス環境で求められる仕事上のマナーやスキルは、日本人の美容室戦士として必須とされる身のこなしや業務経歴の水準を大変に超越しています。概ね最終面接の次元で口頭試問されるのは、過去の面接で既に試問されたことと二重になってしまいますが、「志望の要因」が抜群に大半を占めるようです。具体的に勤務したいサロンはどんなサロン?と確認されたら、答えに詰まってしまうが、今の勤務先に対する不満となると、「自分の評価が低すぎる」というような方がとてもたくさん見られます。自己診断をする場合の要注意の点は、具体性のない表現を出来る限り用いない事です。よく分からない能書きでは、面接官を同意させることは困難だといえます。面接選考などにおいて、終了後にどこが評価されなかったのか、ということを話してくれる懇切丁寧なサロンは見られないので、応募者が自分で直すべきところを理解するのは、非常に難しいことです。やはり、わが国の誇れるテクノロジーの多くは、中小零細美容室のありふれた町工場で創生されているわけで、サラリーだけでなく福利厚生についてもしっかりしているなど、発展中のサロンもあると聞きます。携わっている仕事の同業者に「家族のコネを使ってSEを捨てて、この業界に転職した。」という異色の経歴の人がおりまして、その男によればシステムエンジニアとして働いていた時のほうが全く比較できないほど楽であるそうだ。いわゆる求人情報サイトでは、雇用に関する情報や経営管理に関するシステムなどの情報があり、このところは、なんとか求人情報の扱い方も進歩してきたように感じられます。

-東京都

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.