まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

東京都

東京都多摩市にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて多摩市で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)多摩市の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので多摩市でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、多摩市でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


面接と言うのは、採用希望者がどんなタイプの人なのかを見抜こうとしている場ですので、セリフを上手に読みあげる事が要されているわけではなく、誠心誠意表現することがポイントです。「好きで選んだ仕事ならどれほど過酷でも踏ん張れる」とか、「自らを成長させるために強いてハードな仕事を選択する」というようなケース、頻繁に聞く話ですね。美容室というものはいわば、個人の関係よりも組織の成り行きを先にするため、たまさかに、合意できない配置転換があるものです。もちろん本人にしてみたら不服でしょう。なるべく早く、中堅社員を入社させたいと思っている美容室は、内定通知後の相手が返答するまでの間を、さほど長くなく限定しているのが全体的に多いです。電話応対すら、面接の一つのステージだと認識して応対しましょう。逆に、担当者との電話の応対とか電話での会話のマナーが好印象であれば、高評価になるはずです。大切なこととしては、仕事を選ぶ場合は、絶対にあなたの欲望に忠実に選択することである。いかなる時も「自分を就職先に合わせよう」なんてふうに思ってはダメなのだ。第二新卒は、「新卒で就職したけれど3年以内に離職してしまった若年の求職者」を指し示します。昨今は数年程度という早期退職者が増えているため、このような呼び名が誕生したと思われます。現時点では、行きたいと願うサロンではないかもしれないけれど、求人を募集中の別の美容室と比べてみて、多少でも長所だと感じる部分は、どのような所かを追及してみて下さい。確かに、就職活動は、面接しなくちゃならないのも応募した自分ですし、試験に挑むのも自分自身なのです。とはいえ、たまには、友人や知人の意見を聞くのもいいでしょう。いわゆるサロンは、雇っている人間に利益の一切合財を返してはいません。給与に比較した真の労働(必要とされる仕事)は、なんとか実働時間の半分かそれより少ないでしょう。毎日の美容室への応募を途切れさせることには、不利になることがあるということも考えられます。今なら応募可能なサロンもほかの人に決まってしまう場合もあるということなのである。一回でも外国資本の美容室で働いたことのある人の多数派は、変わらず美容室の履歴を続投するパターンが一般的です。言い換えれば美容室から後で日本美容室を選ぶ人は、珍しいということです。最新の就職内定率が今までで最も低い率となった。とはいえ粘って採用の返事をもらっている人が間違いなくいる。内定通知がもらえる人ともらえない人の差はどこなのでしょうか。意外なものとして大学を卒業時に、新卒から急きょ美容室系の美容室への就職を目論む方もいるけれど、実際には大多数は、日本国内の美容室に勤めて経験を積んでから、早くても30歳前後で美容室系美容室に転職というパターンなのです。苦境に陥っても大事なのは、自分の力を信じる意思です。必然的に内定されることを疑わずに、あなたらしい生涯をきちんと歩いていくべきです。

-東京都

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.