まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

東京都

東京都あきる野市にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めてあきる野市で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)あきる野市の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているのであきる野市でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、あきる野市でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


売り言葉に買い言葉という感じで、「こんなサロンこっちからやめてやる!」みたいに、非理性的に退職することになる場合もあるが、こんなに世の中が不景気のときに、むきになっての退職は無謀としか言えません。一般的には就職活動をしていて、志望者側から応募したい働き口に電話連絡するということはわずかで、美容室のほうからの電話を受け取る場面の方が頻繁。重要なポイントは、美容室を選ぶときは、何と言っても自分の希望に正直になって選ぶことであり、決して「自分のほうを美容室に合わせよう」なんて愚かなことを思ってはうまくいかないのです。言わば就職活動をしていて、詳しく知りたいのは、美容室文化であったり職場環境などが多く仕事の内容とは異なり、職場自体を把握しようとすることなのです。面接選考で、終了後にどこが悪かったのか、ということを伝えてくれる親切な美容室などは普通はないため、求職者が改良すべき部分を理解するのは、易しくはないでしょう。毎日の就職活動を一旦ストップすることには、短所が見られます。今現在は募集中のサロンも応募できるチャンスが終了することも十分あると言えるということです。第二新卒については、「一旦就職したけれど短期間(3年以内)に退職した若者」を表す言葉なのです。今日では早期に退職する者が増加しているため、このような言葉が生まれたと想定されます。いわゆる美容室というものは、個人の関係よりも組織の全体像としての都合を至上とするため、ちょこちょこと、合意できない配置転換があるものです。言わずもがな当人には鬱屈した思いがあるでしょう。就職したまま転職活動していく場合、身近な人間に相談にのってもらう事も困難でしょう。普通の就職活動に比較してみれば、打ち明けられる相手は割合に狭められた相手になるでしょう。外国籍のサロンの勤務地で望まれるビジネス上のエチケットや技術的素養は、日本人サラリーマンの場合に欲しがられる一挙一動やビジネス経験の基準を大変に超越しています。圧迫面接というもので、意地の悪い質問をされた時に、図らずも立腹してしまう方がいます。そうしたい気持ちは分かりますけれども、生の感情をあからさまにしないのは、社会人ならではの最低限の常識です。一番最初はサロン説明会から携わって、筆記による試験、数多くの面接と勝ち進んでいきますが、これ以外にも夏休みを利用してのインターンシップやOBを訪問したり、採用担当者との面接による等のやり方もあります。賃金や労働条件などが、どれ位よいものでも、職場の環境というものが思わしくないものになってしまったら、再びよそに転職したくなる懸念もあります。ふつうサロンというものは、新卒でない社員の育成用のかける期間や金額は、出来るだけ抑えたいと思っているので、独力で好結果を出すことが要求されているのです。大きな美容室等のうち、千人単位の希望者があるところでは、選考に使える時間や人員の限界もあるので、まずは出身校などで、断ることなどは度々あるようだから仕方ない。

-東京都

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.