まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

北海道

北海道泊村にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて泊村で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)泊村の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので泊村でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、泊村でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


就職したものの採用してくれたサロンについて「思っていたようなサロンじゃない」あるいは、「こんな職場なんか辞めたい」ということまで考えてしまう人は、いつでもどこにでもいるのだ。サロンによっては、商売内容やあなたのやりたい仕事も相違すると考えていますので、美容室との面接で強調する内容は、サロンにより違うというのが言うまでもありません。今の就労先をはなれるまでの覚悟はないけど、是非ともさらに月収を多くしたいような折には、何か資格を取得してみるのも有効な作戦かも知れません。同業者の人に「父親の口添えを使ってSEとして勤務していたが転職してきた。」という異色の経歴を持つ男がいるのだが、その男に言わせればSEの業界のほうが間違いなく百倍は楽だったということです。美容室系の勤務先の環境で所望されるビジネス上のエチケットや技術的素養は、日本人のビジネスパーソンとして必要とされる所作やビジネス経験の水準をかなり超過しています。最悪を知る人間は、仕事の時にも負けない。その体力は、あなた達の武器と言えるでしょう。この先の仕事において、絶対に役立つ時がくるでしょう。今日お集まりの皆さんの周囲には「自分のしたい事が明朗な」人はいらっしゃるでしょうか。そういった人なら、美容室の立場から見ると価値が簡明な人間と言えます。通常、サロンとは、社員に全収益を戻してはいません。給与と突き合わせて現実の仕事(社会的な必要労働)は、精いっぱい実働の半分以下がいいところだ。超人気美容室等のうち、数千人以上のエントリーが殺到するところでは、人員上の限界もあったりして、まず最初に大学だけで、面接へ呼ぶかどうかを決めることは本当にあるようである。面接と言われているものには「数値」とは違って絶対的な正解はないわけで、どこが良かったのかまたは拙かったのかなどといった合否の基準は美容室ごとに、それどころか同じサロンでも担当者によって変化するのが現況です。新卒以外で就職希望なら、「採用されそうで、職務経験も見込めるサロン」なら、とにかく就職したいものです。ごく小規模な美容室でもこだわらないことです。キャリアと職務経験を得ることができればそれで構いません。総じて、いわゆる職安の求人紹介で入社を決めるのと、私設の人材紹介サロンで就業するのと、共に並行していくことが良い方法だと思われます。話題になった「超氷河期」と一番最初に呼ばれた時の世代では、世間で報じられている事や世間の空気に押し流されるままに「就職が可能なだけめったにない」なんて、働き口を決定してしまった。現段階で、就職活動中の当のサロンが、元からの望んでいた美容室ではないために、志望理由ということがよく分からないといった迷いの相談が、今の期間には多いのです。売り言葉につい買い言葉という感じで、「こんなサロン退職してやる!」などといったふうに、性急に離職を決めてしまう場合もあるが、こんなに不景気のときに、性急な退職は大きな間違いです。

-北海道

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.