まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

北海道

北海道札幌市白石区にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて札幌市白石区で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)札幌市白石区の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので札幌市白石区でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、札幌市白石区でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


総じて、職業紹介所の就職紹介で入社する場合と、世間でいうところの人材紹介サロンで就職を決めるのと、両者を併用していくのが適切かと思っています。新卒でない者は、「入社可能に思われて、職務経験も蓄積できそうなサロン」なら、どうしても就職したいものです。ごく小規模な美容室でも気にしないでいいのです。職務上の「実体験」と「キャリア」を得られれば結果オーライなのです。内々定という意味は、新卒者に関する選考等での美容室や団体の倫理憲章に、正式に内定を出すのは、どんなに早くても、10月1日以降でなければいけないと約束されているので、仕方なく内々定という形式をとっているのだ。「希望の美容室に向けて、自分自身という人物を、いくら徳があって燦然として売りこめるか」という能力を努力しろ、ということが大事なのだ。美容室で仕事に就いている人は、既に珍しくない。美容室系のサロンと言ったら、ちょっと前までは中途採用のすぐに戦力となる人を採用するような印象を受けたが、今頃では、新卒学生を採ることに活発な美容室も目につくようになってきている。同業の者で「父親の口添えを使ってSEを捨てて、この業界に転職してきたのだ。」という経歴の人がいるが、その男の考えではシステムエンジニアとして働いていた時のほうが比較にならないほど楽なのだとか。学生諸君の身近には「その人のやりたいことが簡潔な」人はいないでしょうか。そんな人ならば、サロンの立場から見ると価値が簡潔な人なのです。転職者が仕事に就くには、臨時の仕事や、派遣の仕事で、まず最初に「職歴」を作り、そんなに大規模ではない美容室をポイントとして無理にでも面接をしてもらう事が、基本的な逃げ道です。何と言っても、わが国の誇る技術のほぼすべてが、大きな美容室ではなく、地方の中小零細美容室の町工場で誕生しているのだ。給料も福利厚生も十二分であるなど、調子の良い美容室だってあるのだ。ひとまず外国資本の美容室で就業した人の大勢は、依然として美容室のキャリアを続行する色合いが強いです。結論からいうと美容室から日本美容室に就業する人は、珍しいということです。肝要なルールとして、仕事をセレクトする時は、あくまでもあなたの欲望に忠実になって選択することであり、どんなことがあっても「自分のほうを就職先に合わせなければ」なんてふうに思ってはダメなのだ。実際のところ就職活動をしていて、志望者側から応募したい働き口に電話連絡するということはそれほどなくて、美容室のサロンの担当者からの電話を受けるということの方がかなり多い。本音を言えば仕事探しの最中には、必ずや自己分析(キャリアの棚卸)を経験しておくほうが強みになると求人情報サイトで聞いて本当に実施してみた。はっきり言ってまったく役に立たなかった。それぞれのサロンによって、仕事の内容や望んでいる仕事などもそれぞれ異なると感じますので、面接の機会に宣伝する内容は、各サロンにより異なってくるのが必然的なのです。通常の日本のサロンで体育会系の部活出身の人がよしとされる理由は、言葉遣いがしっかりしているからでしょう。いわゆる体育会系の部活では、先輩後輩がきちんとしており、おのずと自分のものになるようです。

-北海道

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.