まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

北海道

北海道日高町にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて日高町で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)日高町の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので日高町でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、日高町でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


就職したのに採用になったサロンのことを「思っていたような職場じゃない」であったり、「やっぱり辞めたい」そんなふうにまで考える人なんか、たくさんおります。いわゆる美容室は、働く人に全ての収益を割り戻してはいないと言えます。給与に比較した現実の仕事(必要労働力)というのは、やっと実施した仕事の半分かそれ以下がいいところだ。希望の仕事や理想の姿を照準においた転業もあれば、勤めているサロンのせいや自分の生活環境などの外的ファクターによって、退職届を出さなければならない事情もあるでしょう。なんだかんだ言っても、日本の優れた技術のほとんどのものが、中小美容室のどこにでもあるような町工場で生まれているのだ。給与面だけでなく福利厚生についても優れていたり、好調続きのサロンもあると聞きます。現状から脱して自分をアップさせたいとか今以上にキャリア・アップできるサロンへ行きたい、。そんな思いをよく聞きます。今の自分は成長していないと気づくと転職しなければと思い始める人が増えています。転職活動が就活と基本的に異なるのは、「職務経歴書」だと思います。経験してきた職場での地位や職務経歴を美容室の担当者に理解しやすく、要所を抑えて作成することが求められます。今よりもよりよい収入自体や職務上の対応がよい勤め先が実在したとしたら、諸君も別の場所に転職したいと願っているようならば、決断してみることも重大なことです。アルバイト・派遣を通して生育した「職歴」を携えて、美容室自体に面接をたくさん受けに行ってみて下さい。帰するところ、就職も縁の側面が強いので、面接を数多く受けるしかありません。要するに就職活動をしているときに、知りたい情報は、美容室の風土であったり職場環境などがメインで実質な仕事内容じゃなくて、サロン自体を知りたい。そう考えての内容である。多くの場合就活の時に、こちらの方から美容室に電話をかけるということはあまりなくて、美容室の美容室がかけてくれた電話をもらう場面の方がかなりあります。内々定と言われているものは、新卒者に行う採用選考での美容室間の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定を出すのは、10月1日以降としなさいと約束されているので、やむを得ず内々定というかたちをとっているのだ。新卒でない者は、「どうにか入社できそうで、経験もつめそうな美容室」なら、とりあえず就社しましょう。社員が数人程度のサロンでも問題ありません。職務上の「実体験」と「キャリア」を得られれば結果オーライなのです。面接というようなものには「算数」とは違って完璧な答えはないので、いったいどこが高評価だったのかといった合否基準はそれぞれのサロンで、場合によっては面接官ごとに全然異なるのが今の姿です。勤務したいのはどのような美容室なのかと尋ねられたら、なかなか答えることができないが、今の勤務先に対して感じている不満を聞いてみると、「自分への評価が低い」と発言する人が大勢おります。仕事探しの最初の時期は、「採用を目指すぞ!」と張り切っていた。けれども、数え切れない程良い知らせがないままで、最近ではもう採用の担当者に会うことでさえできないほどの恐怖を感じているのが本当のところです。

-北海道

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.