まつげエクステ求人は美容業界専門の求人情報サービスで探すのが便利で有利です!

まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ!

*

三重県

三重県多気町にお住いのあなたにおすすめのまつげエクステ求人サイト選び

投稿日:

まつげエクステ(アイリスト)の求人をお探しの方に

今のサロンを辞めて多気町で転職したい!
転職したい理由は、個々に違うと思います。

例えば…
アイリストは美容師免許を持っていたら仕事ができますが、美容師とは違ってすごく細かい作業なので神経を使う仕事ですよね。
1施術 1時間~2時間程同じ体制をして、細かいまつ毛を1本1本つけていくので集中力や緊張感などが長時間続くことになります。
体力面の疲れはなくても、肩こり・腰痛・目の疲れなど…集中力のから疲れがきたりしますよね。

美容師って男性でもたくさんいますが、アイリストやネイリストって女の世界? 人間関係のトラブルも多いですよね(笑)
サロンによって違うと思いますが、転職や辞める理由の1つだと思います。

給料面では、長く働いているのに給料が上がらなかったり、仕事内容と給料が見合ってなかったり、他にもきりがないくらい色々あります。(笑)

他にも、勤務日数や勤務時間が長かったり、自分に合った勤務時間で働きたい、休み希望が全く通らないなど、誰でも息抜きや休日は大事だと思います。

美容師からアイリストに転職!

今は美容室と言ってもヘアーだけでなく、ネイルやアイラッシュやエステなど…
美容室の中にあるところも多いですよね。

私は元々スタイリストとして高校卒業後から(美容師の卵から)多気町の美容室で約10年近く働いていました。
アイラッシュが流行ってきた頃に、働いていた美容室にもまつげエクステができるようになり、私も美容師免許を持っているので多気町でアイリストとしても活躍していました。

肌が弱いせいか、美容師を何度も向いていないんじゃないのか? など思うくらい、美容師は薬剤やシャンプーなどで手荒れが凄いんです。
荒れるのが嫌で転職した訳ではないですが、アイリストの責任者として働くことになって、責任者だから働く日数や時間なども増えて、ひどい時は休みの日まで予約が入っていました。
給料もそんなに上がっていないのに…
って思った私は「転職しよう」と思い、多気町でまつげエクステ専門サロンに転職しました。

まつげエクステ求人なら美容業界専門の求人サイトがおすすめ!

私は働きながら転職探しをしていたので求人サイトで探しました!!
何サイトかみましたが、キレイビズが良かったです。

キレイビズは美容師やアイリストやネイリストなどの美容業界専門の求人サイトです。
日本全国、海外まで転職や求人募集が載っています。

わたしもこの求人サイトでまつげエクステ専門サロンをみつけましたよ。
家からも遠くなくて通勤がしやすくて、人間関係もスタッフみんな仲が良くて働きやすいです。
美容室で働ていた時よりも忙しくなりましたが、休み希望も通りやすいので友達との約束も気軽にできるようになりました。

スカウト登録をしておくと自分条件に合ったサロンを探してくれたり、転職や就職相談も無料でできます。

他にも! キレイビズで仕事が決まった場合、お祝い金がもらえるんです!
最大10万円だとか!? 私は3万円もらいましたよ。
サロンや経験年数など条件があるみたいですが全く貰えないよりかは本当に嬉しいです。

まずは登録して自分に合った職場を探してみてください。
キレイビズの公式サイトはこちら


やっと根回しの段階から個人面接まで、長い順序を過ぎて内定が取れるまで迎えたのに、内々定が決まった後の取り組みを誤ってしまっては台無です。サロンの方針に従いたくないのですぐに退職。要するに、こうした思考回路を持つ人に向かって、採用の担当者は警戒心を持っていると言えます。サロンガイダンスから参画して、学科試験や個人面接と突き進んでいきますが、他のルートとして実際の仕事を垣間見る、インターンシップやOB、OG訪問、採用担当者と面接するといった取り組みもあります。面接試験と言うのは、あなた自身がどういった特性の人なのかを確認することが目的なので、準備した文章を上手に読みこなすことが重要なのではなく、心から売り込むことが大切だと思います。満足して業務をしてもらいたい、わずかでも良い処遇を許可してあげたい、能力を導いてあげたい、レベルアップさせてあげたいと雇用主の側も思い巡らしているのです。本音を言えば、日本の世界と渡り合えるテクノロジーのかなりの割合のものが、大きな美容室ではなく、いわゆる中小美容室の町工場で生まれています。年収および福利厚生も充実しているとか、成長中のサロンもあるのです。仕事の何かについて話す機会に、漠然と「一体どんなことを思っているか」ということにとどまらず、加えて具体的な小話を混ぜ合わせて告げるようにしたらよいと考えます。今後も一層、発展が続きそうな業界に勤めるためには、その業界が掛け値なしに拡大が見込める業界なのかどうか、急な拡大に対応した経営が成立するのかどうかを確かめることが重要でしょう。厳しい圧迫面接で、キツイ質問をされたとしたら、ついつい腹を立ててしまう人がいます。同感はできますが、ざっくばらんの感情を秘めておくのは、社会的な人間としての最低限の常識です。「筆記するものを所持してきてください。」と記述されているのなら、記述式の試験の可能性がありうるし、よく「懇談会」と載っているのなら、集団討論が実施される場合があります。いわゆる社会人でも、本来の敬語を話せるかというとそうではありません。逆に、社会人として普通にただの恥で終わるところが、面接で敬語を使い間違えると致命的(採用されない)になってしまう。時々大学卒業時から、言ってみれば美容室系美容室を目指す人もいないわけではないが、実際のところ最も多いのは、まずは日本国内の美容室で勤めてから、大体30歳前後で美容室系美容室に転身という事例が多いようです。では、勤めてみたいのはどのような美容室なのかと聞かれたら、うまく答えられないものの、現在の勤務先への不満を聞いてみると、「自分に対する評価が正しくない」と思っている方が多数います。仕事探しをしていると、自己分析(キャリアの棚卸)をチャレンジするといいのではと聞いて分析してみた。だけど、聞いた話とは違ってまったく役に立たなかった。ちょくちょく面接の進言として、「心から自分の言葉で話してごらんなさい。」というような言葉を見受けます。しかしながら、その人自身の言葉で語ることができるというニュアンスがわかりません。

-三重県

Copyright© まつげエクステ求人がきっとみつかるおすすめサービスはコレ! , 2017 AllRights Reserved.